読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

ホテルのチェックイン

空港でWi-Fiを接続しつつ少し休憩した後はタクシーで今回泊まるTI : Treasure Island Hotel & Casinoへ。バゲッジクレーム近くにGround Transportationとかいう表示があったのでそれに従って外へ。アメリカに来て初の外!やっぱり暑かったです。

すぐ近くにタクシー乗り場があり、乗り場の近くに立つ男性、近づくと番号を言われたので、その番号のタクシーのお世話になりました。アジア系の女性のドライバーさん。至って当然のことなんですが、アメリカと言えども、いろんな国籍の人がいます。このドライバーさんやレストランなど、アジア系の人も多く働いていたけど、我々と同じように英語に独特の訛りがあるので、正直聞き取りづらいです。本当にそう言っているのか自信はなかったけど、なんとなくのニュアンスで会話してきました。

空港からストリップに行くのに、行きはフリーウェイを使わないで行ってもらいました。ホテルの位置によってはタクシーがフリーウェイを使う事で料金が高くなるらしいのですが、TIはどちらかと言うと北に位置しているのであまり変わらないかもしれません。

車線の多い道路、乗ってるタクシーも含めていろんな車の運転が荒いです(;´д`)あちこちからキキー!ブッブー!と聞こえてきて怖いです。空港からまっすぐパラダイスロード(ストリップの東を走る道路)を使ったわけではなさそうですが、渋滞らしい渋滞は特になく、時々長い信号待ちや歩行者待ちがあるぐらいだったと思います。

西に行くにつれて見えてくる知っている建物、ウィンやアンコール、ベネチアンなどが見えてきます。そして等々、宿泊先のTIに到着!綺麗なオレンジ色の建物です。

f:id:noel_angel:20141004093628j:plain

肝心のタクシー料金は残念な事にはっきりとは覚えてないんですが、空港利用料の約2ドルを入れても25ドルぐらいだったと思います。TIだと、こんなものでしょうか?

タクシーを降りてホテル内へ。ラスベガスのホテルの多くは、初めてだとどこが入口だかよくわかりません。TIも正面玄関が割と地味な佇まいで、一瞬裏口の一つなんじゃないかと思うほど。

時間にして午後5時、チェックイン時間である3時はとっくに過ぎてます。荷物を持ちながら回転ドアで中に入ると、見渡す限りの人!人!人!大型ホテルなので当然なんですが、普段日本だとビジネスホテルぐらいにしか泊まらない私からすると、まずフロントデスクがとてつもなく長いわけです。しかしそのとーっても長いフロントフル回転でチェックイン作業をしているにも関わらず、ロビーにはチェックイン待ちをしている長蛇の列。予想外の光景に呆気にとられつつ、最後尾に並びます。

30分ほど並んで順番が回ってきました。5時になってもこんなに人がいるとは思わず、既に本日の夜の予定が崩れていきます(´・ω・`)真っ赤な髪の綺麗なお姉さんが担当してくれました。リゾートフィーの説明を受けて、カードキー2枚(1人部屋ですが、片方はどうやらスペアのようです)と大量のクーポン、ホテルマップもつけてもらい、Wi-Fiの説明をしてもらいました。英語が不自由なのにも関わらず、とても丁寧に対応してもらって感謝です♪

部屋は本当はストリップ側がよかったんですが、さすがに予算面で断念し、通常のデラックスルームです。

f:id:noel_angel:20141004095645j:plain

ストリップほどの派手さはないものの、外の夜景は十分綺麗でした。

f:id:noel_angel:20141004095843j:plain

バスルームは全面大理石、テレビの前の紙には、カーペットはプロが掃除しているから無下に扱わないで…という注意書き。ん~、気使いますw

所で余談なんですが、上の写真の場所、私どこかで見たことある気がするんですよね。なんとなく、似ているだけかもしれないんですが、CDSマイケル・ジャクソンのダンス動画のMystereチームの冒頭の大好きなRed Birdが歩いていた屋上ではないかと推測!本当の所はわからないけど、似てたのでテンション上がりました。


Michael Jackson Tribute Performance by Employees ...