読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

ユナイテッド航空のお話

2年前にラスベガスへ旅行した時も、今回の留学でも乗る飛行機はすべてユナイテッド航空です。前回と今回で違う点と言えば、前回は行き帰り共に乗り継ぎ地はサンフランシスコ空港でした。が、今回は行きはサンフランシスコ、帰りはロサンゼルス空港経由です。

ラスベガスだと他にデルタ航空アメリカン航空辺りが利用者多いと思いますが、私はビビリで飛行機などの公共交通機関というものが苦手なので、ちょっとでも慣れたものがいいと今回もユナイテッドを利用することにしました。慣れてる方がいいということで、本当は帰りもサンフランシスコ経由がよかったんだけど、いろいろな都合で断念。ロサンゼルス空港は巨大とされるので行きでは絶対に避けたいのだけど、帰りだと飛行機を乗り換えるだけなので難しくないだろうと我慢しました。

さて、そんな同じユナイテッド航空でも、この2年の間で少しだけ変わった所もあるようです。

荷物をふたつ預けられるようになった!

これ、大きいです。
2年前は157cm, 23kg以内の荷物を1個だけ預けられたのですが、それが2個まで無料になってました。グッジョブ!ユナイテッド!!

今回はただの旅行と比べると荷物も多くなるのに対して、所持しているスーツケースがMサイズと大きくないので、はて荷物をまとめられるだろうか・・・と頭を悩ませていたんですが、預け荷物がふたつ可になったことで、スーツケースとボストンバッグを預け入れ、手持ちのバッグとボストンバッグをもうひとつ、機内に持ち込めるようになりました。スーツケース×1つ、ボストンバッグ×2つあればなんとかなると思います。

帰りにどうしても荷物が増えたら、マーシャルズ等のディスカウントショップあたりで小さくて安いスーツケースを買い足すのもひとつの案かなとも考えています。小さくてもボストンバッグよりは入ると思うし。

帰国後は、重いスーツケースを引きずっての地元への移動は尋常じゃないぐらいにしんどいと身をもって経験済みなので、メインのスーツケースを空港から発送するつもりでいるし、なんとかなるでしょう。

持ち込み荷物も少しだけ許容が増えた

2年前に書いてた自分のメモによると・・・なんですが、機内持ち込み荷物の方も、身の回り品+113cm以内のものひとつだったのが、身の回り品+114cm以内のものひとつになってました。1cmの違いが嬉しいかと言われるとなんとも言えませんが。


他にも変わった所は細々とあるとは思うんですが、私が食いついたのはこの荷物事情でしたね。機内サービスとかも多少変わってるんでしょうか。