読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

いざホストファミリー宅へ

日曜日、ホストファミリーホームへのチェックインは午後2時以降なので、それまでホテルに荷物を預かってもらい、時間まで観光。

TIにはベルデスクが中と外に2ヶ所ありますが、荷物を預ける時は外のベルデスクのようです。Baggage Assistantとか案内が書いてあったかな。

2時が過ぎ、荷物を受け取ってLyftを使ってホストファミリー宅へ。
TIのライドシェアピックアップは正面玄関を出て右の方に行くとあります。これはTIに限ったことではないと思いますが、ピックアップポイントが設けられている場所では複数のUberやLyft車がいるため、自分の乗る車を見つけるのが少々大変ではあります。空港で乗った時はドライバーから電話がかかってきましたが、今回はすぐ近くにいたためにドライバーが気付いて名前を呼んでくれました。

乗って程なくしてお家に到着。チャイムを押してみる…鳴ってる気配がない。ノックしてみる…誰も来ない。声をかけてみる…犬が吠えるだけ。
もしかしていない!?と焦りを感じつつ、ホストファミリーの連絡先に電話。すぐに出てあと10分ぐらいで戻るとのことなのでそのまま待機。

帰ってきたホストマザーはとても雰囲気のいい人で、4歳の娘さんも人見知りせずに可愛らしい。
所々わからない所があるにせよ、ホストマザーはゆっくりはっきり喋ってくれるのでとても聞き取りやすかったです。が、女の子の方はまだ小さいということもあって何を言っているのかわからない事も多くてちょっと申し訳ないのだけど、家を案内してくれたり一緒にゲームをしたりしました。

その日の夕食は、気を使ってくれたのか、まさかの緑茶と蕎麦!蕎麦は洋風なスープの中に日本そばが入っていたのだけど、美味しかったです。

英語版千と千尋の神隠しを見ながら日本からのお土産を渡したりしました。

翌日は登校初日。レベル分けのためのテストがあります。