読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

アドベンチャードームにて

授業終了後、ホールフーズでフルーツを買ってから学校で食べてると、学校スタッフが急に"30分後にホストマザーが迎えに来るから。アドベンチャードームに連れて行くって"と言われて内心ポカーン。確かに前にストリップ方面に車で行った時にアドベンチャードームの話は出てたんだけど、まさかこんな急だとは(^◇^;)

時間になってアドベンチャードームに移動。サーカスサーカスホテルの一部です。サーカスサーカスは前を通った事はあるけど、中に入るのは初めて。
ホストマザーの友達と合流して、ホストマザーの兄弟ファミリーと娘ちゃんが到着するのを待ちます。

外観はピンクのドーム型ですが、中に入ってみると外光が差し込んでとても明るかったです。

日本では、遊園地と呼ばれる類の場所にほとんど行った事がありません。なぜなら、高所恐怖症で三半規管が弱いので、遊園地に行っても楽しめるものがないというのが理由です。絶叫マシンは未体験、観覧車は一度乗って2度と乗るものかと思ったものです。

ですが、今回の短期滞在では、とにかくアクティブに、何事にもチャレンジしてみようという心意気で来ました。勇気を出してみようと決心するのです。

でもまずは子供達用のライドを穏やかな目で見つつ、内心は高いというだけで引き気味な私。娘ちゃんと甥っ子くん達は至って楽しそう。

その後私とホストマザーの友達のJさんと二人で移動し、絶叫マシン初体験。一度覚悟を決めてしまうと、意外と心情は穏やかなものです。

乗った後……もう2度と乗るものか!!

高さは大丈夫だったんです。大丈夫だったというか、高いから怖いとか感じてる余裕すらなかった。ただ真下に落下するのと回転が今まで感じた事のない感覚で嫌でした。ああでも、エレベーターに乗った時の不快感を増幅させた感じ。私、エレベーターも嫌いで、出来るだけ階段かエスカレーター使う人なんですよね。

ほんとね、悲鳴って出るもんだなぁとw
怖かったとか、気持ち悪くなったとか言うよりも、ただひたすら不快でした。

一応チャレンジしたということでよく頑張ったと褒められ、後はほとんど見てるだけ。ちょっとした出店みたいなのはやったけど、絶叫マシンだけでお腹いっぱいに。

Jさん離脱後はゲーセンみたいな所でレーシングゲームやらシューティングゲームをやって(ほとんど見てるだけだったどね)、最後にみんなで記念撮影。

楽しかったかと言われると楽しかったとは言えないけど、日本だったら絶対に避ける経験が出来ました。でも最後みんなでボール(?)の中に入っての記念撮影は思い出になったかな。ホストマザーの兄弟のSさんも、その子供達も可愛かったし。