読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

一人バフェイチャレンジ!

ラスベガスといえばー?食べ放題!!

ということで、一人でバフェイに行ってきました。カフェ系は一人でも問題なく入れるけど、女一人でバフェイってなかなか敷居の高いものがありますね。でも行っておかないと後悔すると思ったので頑張りました。

場所は前回の渡米で残念ながら行けなかったパリスのLe Village Buffetにしました。

でもパリスまでUberで行ったんだけど、パリスって言ったらドライバー、ああ!パリス!ってすぐわかったように返事したのに、なぜかハラーズに連れていきやがった。ベラージオの近くのアイフェルタワーがある所だって言っても、ここでしょ!って(; ̄ェ ̄) ハラーズの周りのどこにエッフェル塔が見えるんだと心の中で突っ込みつつ、自分で道案内するはめになりました。ナビゲーションがおかしくてって言ってたけど、それはいいとして一言謝ってほしかったです…。

さて、気を取り直してパリスのバフェイに思い切って入りました。ディナーに差し掛かったぐらいの時間だったので、多少並んではいましたが、ほとんど待たされる事はありませんでした。

見渡した感じだとお一人様は見当たらなかったです。ますます居心地が悪いと感じつつも入ってしまってはもう引き返せないので好きなものたらふく食べます。

そそ、店内の雰囲気はフランスの街並みをイメージしてるようですが、バフェイに限らずパリス内は天井の空模様も明るさはなく、老朽化が見られました。ちょっと暗めが好きなのでそれはいいんだけど、開放感はなかったです。

それよりも問題を感じたのが、Sprintの通信状況がよろしくないこと。閉鎖的で外光が入ることはないので、地下にいるような感じ。なんとか3Gが入る感じで、時には3Gすら入らないことも(・_・;

2年前はウィンとTIのバフェイに入って、料理全体を見ずに目に入ったものを食べてお腹いっぱいになってから食べたいものを見つけるという失敗をしたので、今回はまずどんな料理があるのか一通り見渡しました。

こちらのバフェイは基本的には美味しいものの、時々ハズレがありました。特にターキーはパサパサで食べるのがちょっと辛かったです。

続いてデザート!こちらにはデザートが食べたくて来たようなものです。
カロンはほんと色とりどりでしたが、日本ではあまり見かけない色のマカロンを選んでみました。
デザートは食べた中ではどれも美味しくて、もっと食べたかったです。

ラスベガスでクレープ食べたいと思いながら未だに実現出来てません。バフェイのクレープももちろん気になったけど、クレープって量多いじゃないですか…