読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

貴重な年越しの経験

無事山の上まで戻り、洞窟の中に入ってみると、とても盛り上がってました。

日付が変わる前にホストマザーと合流し、ストリップが見渡せる場所まで移動し、カメラの設定をしつつ時間になるのを待ちます。

しかし、山に着いた時からずっとそうだったんだけど、ずーっとあちこちから花火上がりまくってます!ストリップの花火に意識が向いてるからそれがメインなんだけれど、一年の最後なので、四方八方花火だらけです。自分たちがいる山からも2ヶ所ほど打ち上げてる所があり、片方がとても近かったので、私とNさんビビりまくりw 近かったというか、目の前なんだもの。

いざ年越しの時間が近くなってからはカメラ構えて時間は見てなかったんだけど、後ろの方でカウントダウンが始まったので年が明けたのはわかりました。

頑張って写真を撮る私。三脚は残念ながらないので、自分の足を台にして出来るだけ固定して撮ります。ドライバーのCさんにアドバイスをいくつかもらってきたものの、さすがに距離がありすぎてまともな花火の写真は撮れず( ̄^ ̄)

動画も撮ってみたけど、ドンドン上がれば上がるほど爆発にしか見えないw

写真や動画も撮ったけど、もちろん自分の目でも楽しみましたよ。遠くから花火を楽しみながら、あの場所では物凄い人たちがひしめき合ってるんだろうなぁと。

数分経って花火は終わったようです。それじゃあ帰ろうかという時に、Nさんがまた衝撃の一言。「これからストリップ行く」
えっ、これから!?と思いつつも、気分が興奮してるのでその気持ちはわかります。

ホストマザーがストリップまで連れていくとの事なので、また足場の悪い山道を下って車に戻り、今度はいざストリップへ。

急なNさんの思いつきに同行したいと思うものの、元日は朝からホストマザーのお仕事先に同行する事になっていたのでさすがに無理と諦めたけど、ホストマザーが後から来てもいいんだよと言ってくれたので、私もNさんと一緒にストリップに行くことにしました。