読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

初めてのカンフー体験

ホストマザーの趣味がカンフーで、今夜カンフーのレッスンがあるということで体験しに一緒に行ってきました。カンフーなんて初めてだし、そもそも運動音痴なのでその辺が心配だけど、こっちに来てから運動不足なのでいい機会です。

ホストマザー曰く、2週間レッスンがなかったので、先生もそこまでハードな練習にはしないだろうとのこと。

いざレッスン場所について中に入ってみると、既に始まっていてすごい迫力。初めて間近で見たカンフーに若干ビビりました。皆さんカンフー用の胴着を着ていて動きも本格的。これからこれするの・・・?と引き気味だけど、来たからにはやるしかない!と思いはするも、気迫についていけそうにありませんでしたが、体験でとホストマザーが紹介してくれたら、皆さん笑顔で迎えてくれてちょっとリラックス出来ました。(みんな練習してる時、顔が怖いんだもの)

上着と靴を脱いでアクセサリー類もすべて外し、いざ道場内へ。入る時と出る時には手を合わせて一礼するらしいです。とここで、もう一人私服の男性を見つけました。彼も体験でしょうか。初心者が自分一人じゃないと思うと少しホッとします。

先生のやることを真似していきます。まずは軽い準備運動から入ったので楽だったけど、徐々に動きがハードになっていきます。それでもその場で同じ動きをするだけなのでまだよかったんだけど、中盤からはその場でのフォームではなくて横ラインの動きも加わって、しかもフォームも複雑化していき、とても真似出来るような動きじゃない!
ダンスとかもそうなんだけど、パッと見ではどういう動きをしてそうなっているのかわからないんです。でも皆さん慣れているので物凄い速さと気迫でこなしていきます。真似しようにも速すぎて理解不能。

周りに数人いるインストラクターがこうやるんだよとゆっくりひとつひとつ動きを教えてくれてなんとかなりました。でも途中で動作がわからなくなり、あれ?となることも少なくなかったし、初心者二人が終えるまで皆さん待っててくれるのでありがたいやら申し訳ないやら。

少し続けると息がゼェゼェ状態になりつつも、なんとか終えました。やっと終わったー、頑張ったー!って思いながら少し休憩すると、まさかの第二ラウンドスタート。疲労感がっていうよりも動きについていくのが大変で、第二ラウンドは見学することに。最初は個々人でやってたんだけど、2回目は二人一組でやってるものが多かったです。相手が出す手に蹴りを入れたりしてて、私やったら手じゃない所蹴りそうなので見学しといて正解だったかもしれないですw

終了後は道場内をお掃除するようです。みんなカンフー用の靴を履いていたけど、私は裸足(靴下)だったのでモップでの水拭きは足が濡れちゃうかなぁとも思ったんだけど、一日の終わりなのでいっか~と気にせずモップがけに参加。道場はもちろん広いですが、みんなでやるのであっという間に終わりました。

普段使わない筋肉を使ったので、翌日の筋肉痛が怖いところ。
でも帰宅後、疲れが取れるとホストマザーがバスソルトをくれたのでお湯に浸かることに。日本でもこちらでもお風呂はシャワーで済ませてしまうので、湯船に浸かったのは久しぶりでした。こちらは湯船に浸かる文化はほとんどないと思っていたので、予想外でしたが疲れていたのもあってとても気持ちよかったです。