読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス留学旅行アルバム

はじめての海外旅行。その思い出と、これからはじめての海外旅行へ行く人のための小さな情報保管庫。そして2年後、短期留学へ。

初めてのストリップ

部屋に荷物を置いた後は、まずはMystereの今夜分のショーのチケットの購入と、予約しておいたWill Callのチケットの発券です。時間にして、Mystere1回目のショーの入場が始まるであろう夕方6時半ぐらい。今夜買うチケットは2回目のショーの予定です。

がしかし、BOX OFFICEに行ってみると、既に結構な人数が並んでいます。辿っていくも、どうやら入場待ちの列ではなくて、やっぱりボックスオフィスに並んでいる模様。ここで並んでいたら更に予定が崩れてしまうという事で、2回目のショーのチケットは直前に買う事にして、大人しく街に出ました。

目的は観光ではなくてTIからNEW YORK NEW YORK HOTELへの道順の確認です。土曜日にMystereとZumanityをハシゴするので、迷わず劇場に辿り着くために。

大まかなホテルの位置関係は知っているとは言え、初めての土地です。Google Mapsアプリに今回の旅行で行く予定のある場所を全部入れておき、そのナビを使うつもりだったんですが、はっきり言いましょう。地図なんていらない!もちろんちょっと迷った時に自分の位置を確認する時や、目的地はあるけれどストリップの大まかな地理もわからない状態だと地図はあった方が便利だとは思いますが、私の場合、数年憧れて調べまくり、ストリートビューなどで画面上旅行など楽しんでいたラスベガス、主要ホテルの場所はほぼ頭に入っています。

なので移動中、建物を見るや、シーザーズパレスだ!パリスだ!ベラージオだ!と写真でばかり見た事のある光景に興奮しつつ、ネオンキラキラの街中をとりあえず立ち止まる事なく歩き続け、NY NYへと辿り着きました。

ストリップは難なく移動出来るんですが、NY NYも含め、一度ホテルの中に入ってしまうと、途端に方向感覚がわからなくなり迷います。頭上に案内板はあるものの、いわゆるホテルマップのような物はないので、案内板に目的地が書いてないと、まずどっちに行ったらいいのかわかりません。

Zumanity Theatreもいまいちよくわからず、話しかけてくれたショップのお姉さんに教えてもらい、なんとか劇場まで行けました。出入りする入口にもよると思いますが、TIもNY NYも入口から劇場まで10分もかかる~というほど遠くはありませんでしたが、夜は特にカジノの混雑があるので場合によってはスムーズに劇場まで辿りつけないかもしれないですね。

夜だとカジノの混雑よりもストリップの混雑の方が大変です。夜のストリップを徒歩で移動の場合、場所によってはとんでもなく混雑しています。中国のツアー客の団体様が何組もいて歩道を塞いでいたり、路上パフォーマンスに人だかりが出来ていたりしました。

本当はTIへの帰りにモンテカルロ内のThe Pubにて夕食を食べる予定だったんですが、時間も押していたので諦めて大人しくTIへ。行きより混んでてなかなか前に進めず大変でした。

初めて歩いたストリップは、ネオンの派手さはもちろんながら、人の多さに驚き!そしてホテル情報などしか調べていなかったので、意外だったんですが、街にはいろんな人というか生物がいますw行きはスパイダーマンに「こんにちは」と声をかけられたので返事しましたが、帰りは「ニーハオ」と言われたので笑いながらスルーしてきました。他にもいろんなキャラクターのコスプレ(日本でいうコスプレとは違う、着ぐるみタイプの方)がいたり、路上パフォーマンスをしてる人、氷で冷えたお水を1ドルで売っている人があちこちにいました。ちなみにキャラの着ぐるみはかなり微妙な出来のやつも多かったです。(大丈夫なのかしら、あれ)